MENU

『Ulanzi BP09』レビュー|コスパ最強!高機能でおしゃれなカメラバックパックの決定版

ad

高機能・安い・おしゃれ

某牛丼チェーン店のキャッチコピーのような三拍子揃ったカメラバッグをずっと望んでいたんですが、ついに「これは買いだ!」と思えるモノが登場しました。

Ulanziの『BP09』というカメラバックパックです。

Ulanzi BP09の外観
  • マットな質感でカメラバッグっぽくないカッコいい見た目
  • 22Lの大容量収納(カメラ2台とレンズ4本が収納可能)
  • 軽量コンパクト(1.72kg / 44×17.5×34cm)
  • カメラをクイックに取り出せるサイドアクセス付き
  • 豊富なポケットで整理整頓しやすい収納スペース
  • 撥水素材と防水ジッパーで雨水にも強い
  • コスパ最強(1万円強で買える)

カメラバッグってゴツい見た目のモノが多くて苦手なんですが、このカメラバッグは比較的コンパクトかつマットブラックでカメラバッグ感が薄いのが良くて。

それでいて収納力は抜群!僕が持っている機材が少ないので参考にならないかもですが、これぐらいは余裕で入れられました。

Ulanzi BP09に入るモノ
これの1.5倍ぐらいは入りそうです

そんなカメラバックパック『Ulazni BP09』について、特徴や実際の使用感をレビューしていきます。

Ulanzi BP09
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • マットな質感でカッコいい
  • 22Lの大容量収納ながら軽量コンパクト
  • カメラをクイックに出し入れできるサイドアクセスが便利
  • ポケット類が豊富
  • 撥水素材と防水ジッパーで雨水に強い
  • 負担を感じにくい肩ベルト・メッシュ背面
  • 1万円強で買えるコスパの良さ
デメリット
  • 防水ファスナーの開閉がスムーズじゃない
  • 縫製が甘い部分がある
  • 肩ベルトの調整ひもが緩みやすい
\ポイント最大11倍!/
Rakuten
\ポイント5%還元!/
Yahoo

最大35Lの大容量モデルはこちら

CONTENTS
written by

efiL photo&video editor
SNS総フォロワー3,500人。
写真と映像を編む人。カメラ片手に、自分にしかできない表現を日常の中に探しています。

   使用機材

『Ulanzi(ウランジ) BP09』の外観・スペック

Ulanzi BP09の外観正面

BP09は、カメラ用アクセサリーを手掛けるメーカー「Ulanzi(ウランジ)」から販売されているカメラバックパック。

カメラやレンズだけでなく、周辺機器もたくさん収納できるよう工夫がされたプロダクトに仕上がっています。

大容量モデル『BP10』との比較も含めたスペック表はこちら。

BP09BP10
本体カラーマットブラックマットブラック
収納容量22L25L(最大35Lまで拡張可能)
機材収納(目安)2カメラ+4レンズ2カメラ+6レンズ
サイズ440×175×340mm470×215×325mm
重量1.72kg2.64kg
サイドアクセス1つ(右側)2つ(両サイド)
耐荷重15kg15kg
価格12,999円18,999円

外側生地の質感

Ulanzi BP09の外側生地の質感

マットなブラックでカッコいい!

手で触ってみると硬めでしっかりとした質感になっています。サラサラしているので汚れも付きにくそう。

Ulanzi BP09の外側生地はサラサラした手触り
サラサラとした手触り
Ulanzi BP09の底面は丈夫な生地
丈夫な底面

底面は凹凸のあるさらに硬い丈夫な生地に。地面に置いても傷がつきにくく目立ちません。

Ulanzi BP09は撥水生地と防水ジッパーを採用
機材を守る撥水生地と防水ファスナー

撥水加工が施された外側生地と防水ファスナーが採用されているので、屋外・雨天でも問題なく使えます。

ただ、防水ファスナーゆえ開閉はあまりスムーズじゃないです。

肩ベルト・背面まわり

Ulanzi BP09の外観背面

肩ベルトは7cmほどと幅広で、裏地はスポンジのようなクッション性のある素材。

Ulanzi BP09の肩ベルトは幅広
幅広で肩にやさしい
Ulanzi BP09の肩ベルトの裏地はクッション性が高い
クッション性のある裏地

ベルトが肩に食い込みにくくなっているので、そのぶん感じる重さを軽減できそう。

そして、地味に感心したポイントがここ!

Ulanzi BP09の肩ひもベルクロ部分
余った調節ひもが
Ulanzi BP09の肩ひもをベルクロでまとめた様子
ベルクロでまとめられる!

なんと、肩ベルトの余った調節ひもがベルクロで留められるようになっているんですよ。僕は体型的にひもが余りがちなのでこれはうれしい!

ただ、この調整ひもがツルツルした質感なのでかなり緩みやすいです。ちょっと残念ポイント。

Ulanzi BP09のチェストバンド
着脱可能なチェストバンド

そしてチェストバンドも付属。

装着すれば肩ベルトがずれ落ちるのを防げるため、肩にかかる負荷をさらに軽減できます。

Ulanzi BP09の背面はメッシュ素材

背中が密着する背面はメッシュ生地で、その内側の高発泡素材は穴の空いた凹凸パターンに。

放熱と通気性がしっかり確保されているので、汗をかくような暑い時期でも蒸れを抑えてくれます。

また、背面側には3つの持ち手が配置されていて、どの方向からでもスムーズにバッグを掴めるのが便利。

Ulanzi BP09の上部持ち手
バッグ上部
Ulanzi BP09の側面持ち手
バッグ側面
Ulanzi BP09の背面持ち手
バッグ背面
Ulanzi BP09はスーツケースに固定可能
スーツケースに固定できる

特にバック背面の持ち手はスーツケースのハンドルに取り付けることも可能で、これが地味に助かります。

収納スペース

BP09には、大きく3つの収納スペースがあります。

  1. メイン収納スペース
    背開き・サイドアクセスからアクセス可能
  2. ノートPC・タブレット収納スペース
    ノートPC・タブレットを別ポケットに収納可能
  3. 前面収納スペース
    バッグ上部からスムーズにアクセス可能

メイン収納スペース

Ulanzi BP09のメイン収納スペース
180度オープンで中身が見やすい

メインの収納スペースは背開き構造で180度ガバッと開けるようになっています。どこに何が入っているのか、中身を全部見渡せるのが良いですね。

また、うっかり180度開いて機材ごとひっくり返してしまわないように落下防止のテープもついています。

Ulanzi BP09の落下防止テープ
邪魔に感じる時もあるので着脱できるとなお良かった

また、サイドアクセスが右側にあり、バッグを肩掛けした状態のままここから素早くカメラを出し入れすることが可能。これが便利。

Ulanzi BP09のサイドアクセス
サイドアクセス
Ulanzi BP09のサイドアクセスの内部ポケット
バッテリーも3つ収納可能

このサイドアクセスの内側にはポケットも備わっており、バッテリーを3つ収納できます。

ノートPC・タブレット収納スペース

Ulanzi BP09のノートPC・タブレット収納スペース

クッション性の優れたポケットが2つ備わっていて、ノートPCやタブレットをそれぞれ干渉させずに収納することができます。

ノートPCは16インチ、タブレットは12.9インチまでのモノに対応。

Ulanzi BP09はノートPCとタブレットを同時に収納可能
ノートPC・タブレットの2台持ちもOK
Ulanzi BP09のメッシュポケット
ケーブルなどの収納に最適

ケーブルなど入れるのに適したメッシュポケットも2つ付いています。

前面収納スペース

Ulanzi BP09の外側前面ポケット
Nintendo Switchも入る外側ポケット

アクセスがしやすい前面収納スペース。まず外側に1室ポケットがあります。

そして下の方まで大きくガバッと開けられるようになっているので、ジンバルなど長いモノも入れられます。

さらに大小4つメッシュポケットも配置。

Ulanzi BP09の前面収納スペースの内部
小物の整理がしやすい
Ulanzi BP09の前面収納スペースにジンバルを収納
小さめのジンバルやセルフ棒なら入ります

収納スペース全体にくまなくポケットが備わっていて、アクセサリー類もしっかり整理整頓しておけますね。

ちなみに、各スペースにアクセスするためのファスナーは指一本で開閉できるリング形状になっていて、これがまた使いやすいんです。

Ulanzi BP09のファスナー

隅々まで配慮が行き届いたバッグに仕上がってるなと感じました。

『Ulanzi BP09』を使ってみて

ここからは、Ulanzi BP09を実際に使ってみて感じたことを紹介していきます。

カスタマイズ性の高いメイン収納スペースが使いやすい

Ulanzi BP09のメイン収納スペースはカスタマイズ自在
仕切りを自由にカスタマイズできる

カメラやレンズなどを入れるためのメイン収納は、手持ちの機材に合わせて仕切りを自由にレイアウトすることができます。

仕切りは5種類。マジックテープで何度も取り付け・取り外しできるので、機材の入れ替わりがあってもフレキシブルに対応が可能。

仕切りにはある程度の厚みと硬さがあるので、機材の重みですぐに変形してしまうことはなさそうです。

Ulanzi BP09の仕切り全種類
Dの次がなぜFなのかが気になって夜しか眠れない
Ulanzi BP09の仕切りアップ
厚みがありしっかりしている

BP09はカメラ2台+レンズ4本を収納できるだけあって、僕のミニマルな機材構成なら余裕で全部入れられますね。

僕が現在使用している機材
  • カメラ:フルサイズ機×1 / アクションカメラ×1
  • レンズ:3本(ズーム×1 / 単焦点×2)
  • アクセサリー類:ガジェットポーチ / フィルター / 予備バッテリー
Ulanzi BP09にカメラ機材を詰め込んだ様子
今後、望遠レンズや照明機材を買い足す予定です

ちなみに、これはイレギュラーな使い方ですが、仕切りを取っ払えば普通のバッグとしても使えるんですよね。

Ulanzi BP09に着替えを入れた様子
着替えを入れるなど旅行用カバンとしても使える

1泊2日分の荷物なら十分入ります。

カメラを出し入れできる「サイドアクセス」が便利すぎる

Ulanzi BP09のサイドアクセスが便利

もうサイドアクセスの無いカメラバッグは考えられない…!

というぐらいに気に入っているのが、このバッグの右側にあるサイドアクセス機能。

Ulanzi BP09のサイドアクセス
サイドアクセス

ここのジッパーを開けることで、バッグを肩にかけた状態のままスムーズにカメラを出し入れできるのがめちゃくちゃ使いやすくて。

いちいちカメラを下ろす必要がないので、シャッターチャンスを逃す機会を減らすことができます。

バッテリー交換もすぐ対応できるのが良いですよね。

Ulanzi BP09のサイドアクセス内部ポケット
バッテリー交換もラクラク

このサイドアクセスが便利すぎてもう一個欲しいぐらい。そうすればレンズ交換がもっとスムーズにできるのになぁ。

レンズ交換するときはどうしても背面を開けないといけないので。

ちなみに、大容量モデル『BP10』にはサイドアクセスが2つ備わっています。うらやましい。

(ホントは機能的にBP10を選びたかったけど、デザインが好みじゃなかった…)

伸縮する2つのサイドポケットが有能

Ulanzi BP09のサイドポケット

BP09には左右の側面に三脚などを収納するためのサイドポケットが備わっています。

最初は「三脚ポケットが2つもいるか?」とか思ってたんですが、飲料ペットボトルや折りたたみ傘も収納できるなと思って。

Ulanzi BP09のサイドポケットに三脚を収納した様子
三脚はもちろんのこと
Ulanzi BP09のサイドポケットにペットボトルを収納した様子
ペットボトルなども収納できる

使わないときは折りたたまれるので見た目もスマート。

また、三脚など長さのあるモノを収納するときには、上部にある固定用ループを使うことで落下・盗難を防止することもできます。

ただ、サイドアクセスのある側で三脚などを固定してしまうとサイドアクセスが使えなくなってしまう点には要注意。

Ulanzi BP09の底面に三脚を固定した様子
底面でも三脚などを固定できる

そういう時は底面の収納ストラップも活用しましょう。こっちの方が左右の重量バランスに偏りが出にくいので肩にかかる負担も軽減できます。

背負ってみても、そこまでゴツく感じない

Ulanzi BP09を背負った様子
収納力の割にスマートな見た目

これだけの収納力を備えたバックパックなので、結構ゴツい見た目になるのかなと思ったんですが、意外と大丈夫でした。

外側生地がマットな質感で存在感が薄いのと、カメラバッグとしては厚みがそこまで無いのが功を奏しているのかな。

これは個人的な問題ですが、「あの人カメラガチ勢じゃん」って周りから思われるのがイヤなので、カメラバッグは目立たないに越したことはありません。

なかなか見た目が気に入るカメラバッグを見つけられなかったんですが、BP09は僕の中での合格ラインを越えてます。良かろう。

縫製が甘い部分がある

玉留めが出てる
玉留めが出てる
肩ベルト裏地にほつれ
肩ベルト裏地にほつれ
メイン収納下部にほつれ
メイン収納スペース下部にほつれ
ベルクロの位置がズレてる
ベルクロの位置がズレてる

唯一、このバッグで残念に思ったのは、ところどころ縫製が甘いという点。

1万円強で買えることを考えれば多少は目を瞑らないといけませんが、価格なりな部分もあるということを理解した上で購入を検討された方が良いでしょう。

『Ulanzi BP09』レビューまとめ

Ulanzi BP09のレビューまとめ

今回は、Ulanziのカメラバックパック『BP09』をレビューしました。

  • マットな質感でカッコいい
  • 22Lの大容量収納ながら軽量コンパクト
  • カメラをクイックに出し入れできるサイドアクセスが便利
  • ポケット類が豊富
  • 撥水素材と防水ファスナーで雨水に強い
  • 負担を感じにくい肩ベルト・メッシュ背面
  • 1万円強で買えるコスパの良さ

1万円強で買えるとは思えないクオリティで、この価格帯でBP09に敵うカメラバッグは無いんじゃ無いかなと思うほど。

使い勝手も良いし、これは買って大満足でした!

僕は見た目優先で小さいモデルのBP09を選びましたが、大容量のBP10も展開されているので、気になった人はぜひUlanziのカメラバッグを選んでみてください。

\ポイント最大11倍!/
Rakuten
\ポイント5%還元!/
Yahoo
SHARE ON
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
CONTENTS